読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bites of Britain 笑顔が集まるテーブルスタイリング Kagoshima

「笑顔が集まるテーブル」「豊かな時間」をコンセプトに、テーブルと空間スタイリングをご提案しています。

手土産の話し。

お友達や上司のお家にお呼ばれ。

さて、手土産に何を持って行こう?

必ず、真っ先に考えることだと思います。

今日は私自身が手土産を選ぶときに気をつけていることを書いてみたいと思います。

◎生菓子は出来るだけ控える

持ち寄りパーティでスイーツ担当、訪問先の方が大のスイーツ好き、などを除いては、出来るだけ生菓子は控えるようにしています。特に賞味期限が当日のもの。 甘いものを控えていたり苦手だったり、お子さんにあまり甘いものを与えていない方もいらっしゃいます。

私がよく選ぶのは

f:id:shaw-san:20170411075657j:plain

お花です。

お店の方にプレゼントする方のイメージを伝えて、小さな花束にして頂いています。

訪問先の方が花瓶を持っているか分からない場合。

そんな時は、

f:id:shaw-san:20170411080023j:plain

コップやグラスに入れられるサイズで作ってもらいます。

勿論、

f:id:shaw-san:20170411080139j:plain

一輪挿しに、素敵な一本を選ぶのも素敵ですね。

沢山の人が集う予定のパーティ等の場合、花束を持っていくのは相手の仕事を増やしかねません。

そういう場では、そのまま飾れる卓上タイプの花を持っていきます。

お花、プラス日持ちする見た目に可愛いお菓子、もしくはティーバッグタイプのお茶、というセットが私の定番手土産です。

ちなみになぜティーバッグかというと、ポットに茶葉をいれてお茶を飲むのが面倒だという方もいるから、という理由です。

f:id:shaw-san:20170411080827j:plain

Facebook page: Bites of Britain

Instagram: bitesofbritain

お問い合わせメール: table.style007@gmail.com

ブラッドショーチサト