Bites of Britain イギリスカルチャーを発信中 Kagoshima

イギリスカルチャーイベントを開催しています。紅茶、料理、テーブルコーディネイト、カルチャーワークショップetc...毎朝の朝ごはんも楽しく継続中。

✴︎追記あり✴︎土を耕し、花を咲かせる土にする。

今日はとても素敵な一日でした。

ずっと作りたいと思っていたパワーストーンブレスレットを作りに、

天文館にある

http://www.quartz-lumiere.com/

ルミエルさんへ。

生年月日等をもとに、今私にピッタリの石で作って頂きました。楽しかったなあ。

素敵な素敵なブレスレットが出来上がりました。

オーナーのまこさんも最高にキュートでチャーミングな方です。是非一度のぞいてみてください♪

その後、高校時代からの友人に会いに。

その頃からモデル業で頑張ってきた彼女は今、ヨガインストラクターとしてさらに飛躍しています。

f:id:shaw-san:20170601214254j:plain

彼女との時間は本当にいつも刺激的。

2を言わずとも10も20も理解してくれる、数少ない大切な友人のひとりです。

迷いや立ち止まりたい時。

私は会いたい人に会いに行きます。

そしていつも支えになる言葉があります。

f:id:shaw-san:20170601214422p:plain

花を咲かす場所は、自分が望んだところではないかもしれない。 だけど、その土地を耕し、愛を込めて手をかけ、花が咲く土にする。

そういうらこと、なのでしょうか。

✴︎ ✴︎ ✴︎

イベントのお知らせ

6月20日火曜日 11時〜

手作りレモネードとカナッペで楽しむイギリスの夏

をテーマに、イギリスを思わせるテーブルコーディネイトもお楽しみ頂きます。

会費はおひとり様2500円。 可愛いお土産付きです。 是非皆様のお越しをお待ちしております。

✴︎追記✴︎ 「この詩を引用してた本の著者はユダヤ人で、パレスチナ人は絶対悪!と思っていたのから抜け出した人で、狂信主義に陥らないためにはどうしたらいいかっていうのをパレスチナ問題を中心に書いたエッセイということ。 詩の作者もユダヤ人で、イスラエル在住。 その辺りも含めて、詩の「わたしたちが正しい場所」っていうのは、正義を声高に叫んでいる場所、とかそういうこととして書いてるんだと思う。 正義をぶつけ合っても花は咲かない、自分が正しいと思ってることに疑問を持ち、愛を思い出すことで花の咲く土壌が育つ、っていう詩かと思います。」 というメッセージを頂きました。 ありがとうございます。知ることと知らないことでこんなにも読み方が違ってくるのだと改めて実感しています。又、発信する責任を改めて考え直しているところです。 ただ、読み手が作者の意図とは違った取り方をしたとしても、その作品が支えになることもあるのだということ。そこはご理解頂きたいと思います。