Bites of Britain イギリスカルチャーを発信中 Kagoshima

イギリスカルチャーイベントを開催しています。紅茶、料理、テーブルコーディネイト、カルチャーワークショップetc...毎朝の朝ごはんも楽しく継続中。

イギリスファッションを語るうえで

外せないのは、モッズ ではないでしょうか。

1950年代後半から60年代にかけて、労働階級の若者たちが、音楽やファッションをベースにした生き方を確立したもので、Modernモダンから取った言葉だと言われています。

低賃金で息が詰まりそうなつまらない毎日を忘れるかのように、若者たちは夜な夜なクラブに集まり、互いのファッションを見せ合っていましたが、せっかくオシャレしたのに雨で濡れてしまうのを避けるために、第二次世界大戦時にアメリカが作りすぎたミリタリーコートを着るようになり、これがモッズコートです。

大好きな映画に、さらば青春の光 があります。

f:id:shaw-san:20170928220346j:plain

当時の若者たちの鬱憤や窮屈さが、バシバシ伝わってきます。そしてやっぱりお洒落。それだけでも楽しめます。

ちなみにこの時期流行っていたバンドといったら、

The Who だとか Small Faces。 黒人音楽と言われるジャズやR&Bといったジャンルに強く影響を受けているのがモッズカルチャーの特徴。

いかにクールに生きるか。

馬鹿みたいに率直にその想いを貫いたからゆえに、生まれたブリティッシュカルチャーといってもいいのかもしれませんね^_^