Bites of Britain イギリスカルチャーを発信中 Kagoshima

イギリスカルチャーイベントを開催しています。紅茶、料理、テーブルコーディネイト、カルチャーワークショップetc...毎朝の朝ごはんも楽しく継続中。

溶連菌って英語でいうと?

こんにちは!

外はすばらしくいい天気。

木曜に娘が39度の熱で、学校から電話。

この時点で、インフルエンザを確信。

木曜午後のため、翌日にかかりつけの小児科を受診したら、まさかの溶連菌!

さて、溶連菌、英語ではなんと言うのか。

そのまま、辞書で引くと

Hemolytic streptococcus

が出てきます。

これは、医学用語かと思われます。一般的にはまず使われていません。

通常、溶連菌は

Strep throat

と呼ばれていて、イギリスでも一般的な子供がかかる病気です。

しかも、薬を10日間きっちり飲み続けないと、肝臓の病気に繋がる、ということも、当たり前のように認知されているそう。

こういった英語の病名は、結婚生活やテレビドラマ学んだものばかり。

使える英語は、やはりラジオやドラマがとても役立ちます。

f:id:shaw-san:20180224105936j:plain

激混みの病院から帰り、ほっとひと息。

病院はとても疲れますね。