Bites of Britain イギリスカルチャーを発信中 Kagoshima

食、旅、読書、イギリスが大好き。たまに、美味しいイギリス料理や紅茶、お菓子、カルチャーについて語っています。

向き合う。

毎日ブログを更新したいな、と強く宣言してはみても、結局こうして挫折しています。

(どうでもいいことを書いて誰が得をするのか、というネガティブなループにはまっているとお察しください。)

前回のブログから今日までに、

f:id:shaw-san:20190712162214j:plain

子どもたちの友人がきた、とチョコレートマフィンを焼いてみたり

f:id:shaw-san:20190712162331j:plain

大雨警報の日には、アールグレイ茶葉のシフォンケーキを焼いてみたり

f:id:shaw-san:20190712162439j:plain

長期出張から帰国した夫が好きな、チョコレートケーキを焼いてみたり

f:id:shaw-san:20190712162547j:plain

思い立って、色んな味のスコーンを焼いてみたり

だとか、相変わらず焼いたり作ったりがあり、楽しんでいます。

つい先日、ある文筆家の息子さんがふいに「恋人と結婚することにしたから」、と呟いて、それに対してものすごく平常を装いながら、いいんじゃない、と返した、というエピソードのコラムを読んだのですが、これが深く響きまして。

f:id:shaw-san:20190712163617j:plain

※写真とは無関係です。

もともとは、イギリス料理はマズイ、のレッテルをどうしかしたい!という大志を抱いて始めたブログやインスタだけれども、考えてみたらものすごい「誰なんだ」感!

でも、先ほどのコラムのように、なんならの形で残せたらいいなという想いで、また今日もブログに認めよう、そう思った次第です。

f:id:shaw-san:20190712164226j:plain

中学生になって、コーヒーデビューした息子。

いい豆を使った、朝の一杯だけの薄めのコーヒー、を毎朝飲んでいく息子を見ながら、いつの日か彼が婚約者を連れてくる日を想像する、痛い母なのです。