Bites of Britain イギリスカルチャーを発信中 Kagoshima

食、旅、読書、イギリスが大好き。たまに、美味しいイギリス料理や紅茶、お菓子、カルチャーについて語っています。

家庭での教育と学校教育の狭間。

楽しかったイギリス帰省を終え、夏休みも終わり(yes!!)、2学期スタート。

 

さて今日のお題。タイトル通りの、

「家庭教育と学校教育の狭間」です。

 

我が家には4月で中学生になった12歳の息子がいます。

思春期という難しい時期をどう乗り越えるのか、という話題が同じ中学生の子を持つ親御さんたちとよく上がるのですが、その中でも性教育についてはあまり語られないことについて以前からとっても不思議に思っていました。

 

ちなみに我が家では、息子が6年生のときに、父親である夫からきちんと話しをしてもらいました。そのうえで、私からも

「どういったことが、暴力になったり、悲しみを生むのか。」

(いわゆる、暴力なき性、ですね。)

といった話しを常々しています。性についてかなりオープンに話しはしているほうではないか、と自分では思っています。(世の中の家庭事情を把握しているわけではないので、あくまでも自分基準ですが。)

 

で、話を戻します。

 

 

つい先日の話です。

あえて詳細はここには書きませんが、息子の通う学校の教師による、性差別ととられる発言があったことが分かりました。そしてそれは思春期のアンバランスな子どもへの言葉でした。

 

私はまず冷静になるべく、信頼する友人や相談窓口に助言を求め、そして、ひと晩じっくり考えてみました。(話をきいてくれた友人に心から感謝!)

 

そして、考えた結果、やはりこの件に関しては、いち親として人として声を上げるべき事案だと思い、(言葉を箇条書きにしてまとめてから)学校側にその旨を伝えました。

 

(ちなみに、こういった発信をしていると、意見ばかりしているとよく思われがちなのですが、(笑)私も保護者のひとりとして慎重に言葉とアクションは選びますし、「変わったお母さん」レッテルを貼られないように(すでに貼られているかもしれないけど)なんて常に考えてるんです。誰だってモンスターなんとか、という言葉に怯えているんですよ。)

 

性教育にしてもそうですが、

子どもたちが自らのセクシャリティについて、不安や疑問を抱えることなく語れる場。

それって家庭の中でもいい。学校の中でもいい。社会の中でもいいと思っています。

学校で語れないのであれば、家庭の中で。

家庭でも語れないのであれば、コミュニティで。

(まあ、本当であれば家庭でも教育現場でも、どこでも、がいいんでしょうけど)

本当はそうあるべき、というか、もっと語られてもいいはずのトピックがタブーとされている現状を感じています。特に、今回の件で、先生が安易に発言したことが物語っているように、教育の現場でもタブー視されているんだな、と。

 

ちなみにイギリス・スコットランドでは、LGBTI問題の授業が義務化される方針が、昨年発表されています。

www.huffingtonpost.jp

 

「包括的性教育

もっともっと、大人の私たちが踏み込んでいくべき課題と現状があります。

 

イギリス滞在記 〜紅茶屋さんのカフェ

やったー!太陽!と外でひなたぼっこをしていたら、いきなりの大雨。

気分屋なイギリスの夏。

イギリス人がここまで太陽を欲するのがわかった気がします。

f:id:shaw-san:20190810001027j:plain

さて今日訪れたカフェは、スイーツと豊富なお茶が楽しめるカフェ。カフェの下には茶葉屋さんが併設されています。

f:id:shaw-san:20190810001430j:plain

大学のキャンパスが近くにあることもあって、老若男女幅広い層のお客さんでいっぱい。

f:id:shaw-san:20190810001553j:plain

働いているスタッフも可愛い〜

f:id:shaw-san:20190810001646j:plain

色々なトッピングを自由に選べるサラダボウルを楽しんだら、お楽しみのデザートとお茶を。

f:id:shaw-san:20190810001834j:plain

プロ並みの腕前の義母が唸るケーキとブラウニーが楽しめます。

f:id:shaw-san:20190810002014j:plain

お店オリジナルのブレンドティーは、いろんなサイズで販売されています。

友人たちへのお土産に大量にゲット。

f:id:shaw-san:20190810002042j:plain

美味しいものを食べ過ぎて、すっかり太ってしまいましたが、幸せなイギリスでの滞在でした。

明日はいよいよ最終日。

イギリス滞在記 カフェ巡り

イギリス滞在も残り数日。

夫は今朝から親友たちと一緒に、男だけのキャンプへ出かけて行きました。

胸の内を明かせる友人たちと、心置きなく過ごす時間は彼がこのところ一番欲していたものでした。きっと今頃ビール片手にくだらない話しをしているんだろうな。

さて、私たちは義理両親と一緒にカフェランチへ。

f:id:shaw-san:20190809013604j:plain

オープンしてまだ一年ほどだというこのカフェは、明るくて優しい2人の女性が切り盛りしていて、お客さんでいっぱい。

私はサラダとスパニッシュオムレツのプレートを。

f:id:shaw-san:20190809013805j:plain

お出かけが続いていて疲れていたので、ノンカフェインのカプチーノを。

どこのお店に行っても、ノンカフェインの紅茶、コーヒーが楽しめます。

f:id:shaw-san:20190809013938j:plain

チョコレートブラウニーは、今まで食べた中でナンバーワン。あまりの美味しさに、お店の方に

「最高のブラウニーでした!!まだ必ずきます!」と伝えたほど。

ちなみにどこのカフェにも、ヴィーガンベジタリアンメニューがあり、ここ数年で楽しめるメニューも増えたなあと今回感じました。

下の写真は数日前に行ったカフェですが、ヴィーガンスイーツがかなり充実していました。

f:id:shaw-san:20190809014300j:plain

f:id:shaw-san:20190809014356j:plain

美味しい食べ物もそうなのですが、イギリスに来てからというもの、夫とゆっくりと話しをする時間ができたことは最高の収穫でした。

美しい田舎道をドライブしながら、どういう人生を生きていくか、どんな生き方をしていきたいのかをゆっくりと話せたことは、大きな転機であるとも感じています。

Quality life

質素でも、クオリティの高い豊かな暮らし。

今立ち止まって、考えるきっかけをくれたイギリスでの時間に感謝です。

イギリス滞在記 カレーライスの夜

今日もドライブへ。

道中、可愛い村を見つけました。

f:id:shaw-san:20190808050905j:plain

f:id:shaw-san:20190808051039j:plain

レンガ造りのお家が可愛らしい。

向かった場所は、チャッツワース・ハウス (英: Chatsworth House)。

f:id:shaw-san:20190808051315j:plain

チャッツワース・ハウスは、イギリスのダービーシャー、ピーク・ディストリクト国立公園 の中にある16世紀に建てられたカントリー・ハウスです。

天気予報では晴れだったはずが、いきなり大雨に。

というわけで自宅に帰ってきました。ちーん。

またリベンジしたいと思います。

夜は夫の親友が会いにきてくれたので、自宅でカレーナイト。

f:id:shaw-san:20190808052018j:plain

ビールをお供にインドカレーを楽しむディナーがイギリス人は大好きです。

イギリス滞在記 食レポ③ 〜Fish and chips

突然大雨が降ったり、はするもののとてもいい天気が続いています。

湿気がないだけで、こんなにも快適だなんて!

さて、昨日は娘の9歳の誕生日でした🎉

f:id:shaw-san:20190806203832j:plain

お祝いに、子どもが思い切り遊べるグラウンドがあるパブへ。

f:id:shaw-san:20190806203950j:plain

平日にも関わらず満席のこのパブも、ローカルの食材しか使っていないというガストロパブ。

お魚に関してはウェールズ産のものですが、なんとクラフトビールも地元産という徹底ぶり! 遠方からもここの食事とビール目当てにやってくる人気パブです。

f:id:shaw-san:20190806204205j:plain

一番人気のFish and chips。

率直に言うと、今まで食べた中でナンバーワンのフィッシュアンドチップスでした。

外はカリッカリ、中はふわふわ。

グリーンピースやポテトは、食べ方を選べます。

f:id:shaw-san:20190806204555j:plain

食べ終えたら外へ移動。

子どもたちが走り回るのを見ながら、大人はビールを楽しみます。

あっという間に曇り空になって、寒くなってしまいましたが、束の間の青空を楽しんできました。

食レポ② 〜Sunday roast〜

日曜日の昨日は、サンデーローストを楽しんできました。

f:id:shaw-san:20190805154548j:plain

「サンデーロースト(英: Sunday Roast)とは、イギリスの伝統的な食事で、日曜日(通常正午過ぎの昼食)に供され、ローストした肉、ジャガイモに、ヨークシャー・プディング、ファルス、野菜等の付け合わせとグレイビーから成る。

この食事はイギリス全土で一般的であり、他にサンデーディナー、サンデーランチ、サンデーティー、ローストディナー、サンデージョイントとも呼ばれる(ジョイントは骨付き肉より)。伝統的なサンデーローストは産業革命時代のイングランド・ヨークシャーにさかのぼる。金曜日にはパン屋がパンを焼くことができないため、オーブンで肉を焼いて、この伝統が出来たという説が信じられている。この食事はイギリス文化の伝統的クリスマスディナーをやや質素にしたものと比較されることがある。」 Wikipediaより引用

さて、訪れたお店は2年前にオープン。なかなか予約の取れない超人気店です。

イギリス人が大好きな夏の過ごし方といえば

晴天の下、パブランチとビールを楽しむこと。

昨日はまさにそんな日でした。

f:id:shaw-san:20190805153318j:plain

ローストチキン

f:id:shaw-san:20190805153429j:plain

ローストビーフ

f:id:shaw-san:20190805153503j:plain

ローストラム

このお店は基本サンデーローストをメインに出してくれるので、お肉を選ぶスタイルです。

もちろん、ベジタリアンミールもあるので、一緒に楽しめますよ。

ビールのセレクションも多種多様。

料理が来るまでの間、食事と一緒に、食後におしゃべりを楽しみながら。

イギリスの短い夏を惜しむように、太陽をいっぱい浴びてビールを楽しむ。

お客で満席でしたが、みんな笑顔で楽しんでいるのがとても印象的でした。

食レポ記録①

30日に日本を出国し、パリ、ロンドンを経由して8月2日から実家に帰省中です。

ヒートウェーブでこれまでにない猛暑が続いていたヨーロッパですが、どうやら落ち着いたようで、湿気のない爽やかな夏を満喫しています。

f:id:shaw-san:20190804152217j:plain

元々Bites of Britainは、イギリス料理はまずい、というイメージを少しでも変えられたらなあという気持ちから始めたものでした。

実は最近では、パリで食べるフレンチよりもロンドンで食べるモダンブリティッシュの方がレベルが高い、とも言われているくらい、イギリス料理のレベルは格段に上がり、評価されています。

ということで、イギリス滞在中は食レポをメインに書いていきたいと思います。

昨日は、帰省中、必ず訪れるcafeに行ってきました。

Hackney Houseという、農場に囲まれた自然豊かなロケーションにあります。

f:id:shaw-san:20190804152710j:plain

実はここは数年前、ローカル雑誌のために取材させてもらい、記事を書かせて頂いた場所でもあり、思い入れがあります。

ここで使われている野菜、乳製品、お肉といった食材全てこの土地からプロデュースされたもの。

さて、伝統的なイギリス料理のひとつにパイ料理があります。サクサクのパイクラストの中に、たっぷりの具材が入っています。

f:id:shaw-san:20190804153151j:plain

チキンマッシュルームパイ。

f:id:shaw-san:20190804153503j:plain

ミンスビーフパイ。

私は朝ごはんを食べ過ぎてしまい、パイは重いかなと思ったので、ここでまさかのラザニアを。

f:id:shaw-san:20190804153737j:plain

イギリスにきてラザニア、と思いきや、レベルの高さにのけ反りました。

素材が新鮮であることもですが、味付けも薄味であっという間にペロリ。

このカフェではスイーツも有名で、イギリスのクラシックなお菓子も楽しめます。

f:id:shaw-san:20190804154138j:plain

クランブル。

f:id:shaw-san:20190804154221j:plain

レモンが爽やかなレモンメレンゲパイ。

カステラ、どら焼き、レモンメレンゲパイ。(私の好きなスイーツコレクション。)

f:id:shaw-san:20190804154432j:plain

デザートのお供に紅茶は不可欠。

このカフェは農家の方が経営されていることもあり、ポーションが大きいのも特徴です。農家の食事は昔から量が多いんだそう。

ということで、イギリスの美味しい食事をご紹介していきます。

今日は日曜日。

サンデーランチをしてきます。

食レポ記録にどうぞお付き合いくださいませ!